カードローン

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違いは一見わかりづらいかもしれませんが、
ローンカードはお金を借りるために利用をするカードで、
クレジットカードは買い物をするために利用をするカードだということは、大体の人が知っていますよね?

しかし、キャッシング機能の付いたタイプのクレジットカードもありますし、
カードローンと同じようにATMを使って現金を引き出すことのできるタイプもあるので、
カードローンとどこが違うのかイマイチわからない人も多いでしょう。


カードローンとクレジットカードの一番の違いは “買い物ができるかどうか” です。


キャッシング機能の付いたクレジットカードはあっても、買い物ができるカードローンはありません。
また、カードローンとキャッシング機能の付いたクレジットカードでは返済方法に違いがあります。

クレジットカードの場合は、一括払い、分割払い、リボ払いなどから支払い方法を選択することができますが、カードローンの場合は、毎月決まった金額を返済するリボ払いのみになります。

また、キャッシングのできる限度額にも違いがあります。
カードローンの場合は200〜500万程度までキャッシングをすることのできるカードもありますが、
クレジットカードの場合は50〜100万円程度の利用限度額になります。

また、クレジットカードの利用限度額は、買い物をした金額と合算をして計算されるため、旅先で高価な買い物をした月などは、キャッシングの枠が少なくなります。
キャッシングをしたい時に利用限度額が足りなくならないように、計画的に利用をする必要があります。

また、金利にも違いがあります。
カードローンの場合は10〜18%と金利の幅が広いのに比べて、クレジットカードの場合は、18%で固定されています。
さらに、延滞をした場合の利息は、カードローンの場合は、18〜21%前後であるのに比べて、クレジットカードの場合は、30%近い延滞利息が発生する可能性もあるのです。
このように、カードローンとクレジットカードにはさまざまな違いがあることがわかって頂けたと思います。

キャッシングをする必要がない人はあえてキャッシング機能の付いたクレジットカードを選択する必要はないかもしれません。
カードローンに対して、悪いイメージを持っている人も少なくありませんが、返済期間によっては無利息で借り入れのできるカードもありますし、クレジットカードは、買い物や旅先での支払いのために利用をして、大きな金額が必要となった場合は、金利の低いカードローンを利用するなど、無理をせずに上手に使い分けて利用をすることができれば何の問題もないと思います。
こちらのhttp://xn--t8j4aa4n2hxa7duezbl49aqg1546e264d.com/にはカードを持つことのメリットがたくさんかかれています。
カードを最低1枚持つのは当たり前のような世の中になってきましたので、これを機に作ってみてはいかがですか?

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.