カードローン

海外でのクレジットカードの立場

一昔前の海外旅行と言えば、必要な現金をすべて換金して、盗まれないようにさまざまな場所に小分けをしてから買い物をおこなっていたものです。
しかし、現在では、ほとんどの国でクレジットカードを利用して買い物をすることができるため、以前のように現金を持ち歩く必要性はなくなってきています。
クレジットカードの普及が進んでいる国では、少額であっても利用をすることができますし、自分で現金を計算して支払う必要がないため、スムーズに買い物をおこなうことができます。

また、支払い方法をどのように伝えたら良いのか不安に思う人もいるかもしれませんが、海外での支払い方法は、クレジットカードの入会時に、一括払いかリボ払いのどちらかで指定をしているため、会計時に支払い方法を伝える必要はありません。
このように、簡単に利用をすることができるため、今では、海外旅行の必需品となっているクレジットカードですが、クレジットカードを利用する時には注意をしなければならないこともあります。
海外でも日本と同じように売上票にサインを求められることがありますが、クレジットカードのサインが漢字で書かれていても、英語でのサインを求められる場合がありますし、パスポートに記載されているサインを書くように求められる場合もあります。

本来でしたら、クレジットカードと同じサインであれば問題はないはずですが、それを現地の言葉で説明をすることは、なかなか難しいですよね?
そのような場合は、求められているサインとカードに書かれているサインを併用して記入すると間違いがなく安心だと言われています。
このように、海外では、日本のように言葉が通じない場合が多いため、トラブルを回避するためにも売上票の内容はしっかりと確認をする必要があります。

合計金額や桁数、個数に間違いはないか、チップの欄が空欄になっていないかなどのチェックをしっかりとしてから暗証番号の入力やサインをするようにしましょう。
ただ、当たり前ですが、売上票の金額は現地の通貨表示で書かれているため、どのように書かれるかくらいは知っておいて下さい。
また、万が一、間違えてカードが切られた場合や不正に利用をされた場合に、内容の確認ができるように、売上票の控えは、必ず取っておいて下さい。

また、ICクレジットカードのように暗証番号の入力が必要となるカードは、暗証番号がわからないと利用をすることができません。
それ以外にも、知らないうちに限度額を超えていたり、カードの反応が悪くて利用ができなくなることも考えられます。
そのような時に、カードを一枚しか持っていないと、その後、カードの利用ができなくなり、旅行に支障をきたす可能性があるので、海外に行く場合は、一枚ではなく、二枚以上カードを持って行くようにしましょう。
ただ、同じカード会社のクレジットカードの場合は限度額が連動をするため、同じカード会社ではなく、別々のカード会社のクレジットカードを持って行くと良いでしょう。
海外旅行に行く際は、海外旅行保険付きのクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.