カードローン

クレジットカードが無効になったら

クレジットカードが無効になる理由はさまざまです。
紛失や盗難届けが出されている場合や、限度額を超えて利用をしている場合、
有効期限が切れている場合や未払いがある場合、暗証番号を連続で何度も間違えた場合など
さまざまな理由でクレジットカードが無効となり使用することができなくなることがあります。
クレジットカードの有効期限についてはこちら。

無効となったクレジットカードの番号は無効登録をされて、無効番号がリスト化されたものが加盟店に通知されます。
無効番号のリスト化は、先ほどあげたような無効理由に関係なくおこなわれます。

無効番号のリストは、無効となったカードが不正に利用されることを防ぐために作成されているもので、加盟店は通知されたリストをもとに、顧客が無効となったクレジットカードを使用していないかをチェックします。
今では、人の手でチェックすることはほとんどなく、多くは、店頭に置かれたCATなどの端末を利用してチェックがおこなわれています。
これらの端末がカード情報を読み込むことで、カード会社は自動的にカードの利用を拒否することができます。

また、無効登録をされているカードだとわかった場合に、そのカードを回収しても良いと言う規定があるため、場合によっては、その場でカードを回収されることがあります。
しかし、無効となっているカードの中には、そのままカード情報が残っているため、悪用をされる可能性もゼロではありません。
手元にあるカードが無効登録されているとわかった場合は、そのままの状態で処分をするのではなく、細かく切り刻んで、処分をするようにしましょう。

カード番号と磁気ストライプの部分には、特に念入りにハサミを入れて、いくつかの袋に分けて処分をすると、さらに安心です。
また、一度、リスト化をされた無効番号は二度と使用することができないため、紛失の届けを出したクレジットカードが、その後見つかった場合も利用を再開することはできません。
無効となったクレジットカードを利用しておこなった買い物は、支払いができなくなるため、すぐに支払い方法の変更をする必要があります。
また、月々の公共料金などの支払いをクレジットカードを利用しておこなっている場合も、すぐに手続きをおこなわないと支払いが滞ってしまう可能性があるので注意が必要です。
こちらにはクレジットカード使用時の注意点がかかれています。
未払いなどで無効にならないためにもカードの使い方は慎重にしましょう。
年会費無料のお得なクレジットカードはこちらhttp://xn--lckeeg1b4d9aj20aya7fb6i5910cje3bf5xa2o7b625g.com/

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.