カードローン

クレジットカード利用時のサイン

手元にクレジットカードが届いてから、まず最初におこなうことは裏面にサインを書くことだと思います。
契約をしたカード会社からも、契約時には必ずサインを書くように求められますよね。

なぜ、クレジットカードにサインをすることが必要なのかと言うと、
このカードを利用するときには裏面に書かれたサインと、購入時に記入をするサインを照合することで
お店やカード会社が本人確認をおこなうからです。

サインをされていないカードは基本的に使用をすることができませんし、
万が一、紛失をしたり、盗難被害にあった場合には、賠償金を受け取ることができなくなる可能性があります。
このように利用するためには、サインをすることがとても重要になってくるのですが、クレジットカードのサインには、何か決まりがあるのでしょうか?

よく議論になるのは、「ローマ字と漢字のどちらでサインを書くことが正しいのか」と言うことです。

答えは、ローマ字、漢字のどちらで書いても間違いではありません。
それどころか、ひらがなやカタカナで書いても間違いではないのです。
また、クレジットカードのサインはフルネームで書く必要もありません。

会計のときに、店員さんから「フルネームでサインをお願いします」と言われた経験がある人もいると思いますし、当然のようにフルネームでサインをしている人も少なくありませんが、実は、苗字や名前のみのサインでも問題はないのです。
買い物をする時にサインをおこなうことは、自分のクレジットカードであることを証明すると同時に、希望の商品を提示された金額で購入することを了承した証になります。

お店側の目的はカードを利用する人が本人であるかどうかを確認することにあるので、
極端なことを言えば、イニシャルやあだ名などをサインにしても本人確認さえ取ることができれば問題はないのです。
このように思っていた以上にクレジットカードのサインには制限が少ないことがわかりますが、
だからと言ってどんなサインであっても良いという訳ではありません。

例えば、座右の銘やあだ名などをサインにした場合に、稀ではありますがカード会社から指導を受けることがあります。
また、サインに単純な記号を使用すると真似をされやすいため盗難被害に遭いやすく、注意をする必要があります。
海外でサインをする場合は、漢字で書くべきかローマ字で書くべきかで意見が分かれますが、
どちらの場合も偽造をされない文字であるかどうかが重要です。

漢字は海外で真似をされる可能性が少ないため良いと言われていますが、
中国などの漢字を使用する国では簡単に真似をされてしまいますし、
お店によってはローマ字でのサインを求められる場合もあります。

海外でクレジットカードを利用するときは、パスポートと同じ文字でサインをすることが理想だと言われています。
偽造をされることを心配する人も少なくありませんが、クレジットカードには盗難保険がついており、
悪用をされた分は保証をされるため、それほど神経質に考える必要はないと思います。
クレジットカードについているお得なNSAマークについてはhttp://xn--lckh1a7bzah4vue9565aftvb.biz/に詳しく載っています。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.