カードローン

日本で最初のクレジットカードとは

クレジットカードが作られることになったきっかけは、アメリカの実業家の“うっかり”であったと言われています。
ニューヨークのレストランで食事を済ませた実業家のマクナマラが、会計のときに財布を忘れたことに気づき、自宅に電話をして夫人に財布を届けてもらいました。
マクナマラにとって財布が届けられるのを待っている時間は、とても気まずく屈辱的な時間であったため、
現金を持ち合わせていなくても支払いを済ませることはできないのか?」
と考え、翌年の1950年に友人の弁護士であるシュナイダーと共に、ツケで食事をすることのできるダイナースクラブを設立したのがクレジットカードの始まりだと言われています。

日本のクレジットカードはそれから10年後の1960年に、百貨店である丸井が常連客向けに丸井の店舗のみで使用をすることのできるカードを発行したことが始まりだと言われています。

日本でクレジットカードという言葉が使用されたのはこの時が初めてのことで、
当時のカードは今のようなカード形式のものではなく、表紙に使用者のサインがされた冊子のようなものでした。
後に丸井の赤いカードは日本全国に爆発的に広がることになります。


そして、翌年の1960年には日本を代表する国際的クレジット会社である現在のJCBが、
三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)と日本信販(現三菱UFJニコス)の出資によって
日本クレジットビューローという名称で設立されました。

ちょうど同じ頃、日本交通公社と旧富士銀行(現みずほ銀行)が出資をして日本ダイナースクラブが設立され、1963年には世界で初めてのプラスチック製のクレジットカードが発行されることとなったのです。

今では、全世界で当たり前のように使用されているプラスチック製のカードですが、
それを作ったのが実は日本であったとは本当に驚きですね。

現代ではプラスチック製のカード以外にも、携帯電話にクレジットカード機能を加えたものがあったりと、クレジットカードの形は時代を重ねるごとに変化を続けています。

プラスチック製のカードにはいくつか分類があり、
http://www.trappedinthewaronterror.com/に詳しくかいてありますが、
銀行系や流通系、メーカー系などがあるそうです。
人気のクレジットカードランキングはこちらhttp://www.aesthetician.biz/

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.