カードローン

クレジットカードのセキュリティーコードとは

インターネットで商品を購入する際に、セキュリティーコードの入力を求められることがあります。
セキュリティーコードとはhttp://www.redkillstudio.com/にもかいてありますが、
クレジットカードの表面や裏面に書かれている3桁、または4桁の番号のことで、
カード会社によって記載される位置は異なりますが、一般的にはカード番号や署名欄の右横あたりに記載がされています。

セキュリティーコードはインターネットなどのオンラインショッピングを使用する際に、
クレジット番号以外にセキュリティーコードを入力することで、二重に本人確認をおこない不正に使用される確率を軽減する目的があります。

また、セキュリティーコードはカード内にある磁気情報には含まれないため、会計時にスキミングされる心配がありません。
スキミングとは、スキマーと呼ばれる読取装置を使用してクレジットカード内の磁気情報を読み取り、
読み取った情報をもとに偽造カードの作成をおこなってカードの不正使用をおこなう犯罪のことを言います。
スキミングには、ホテルやレストランなどの商業施設で使用をしているカード読取装置にスキマーを組み込む方法や、ATM本体やATMに設置されているカメラなどにスキマーを取り付けて、不正にカードの情報を読み取る方法などがあります。

セキュリティーコードは、クレジットカードの利用伝票や明細書に記載されることがなく、カードを持っている本人でしか知り得ることの出来ない情報なので、本人以外が不正に使用する確率を減らすことができるのです。
このように、クレジットカードを利用するためには、セキュリティーコードがとても大切になってくるので、万が一、薄くなってセキュリティーコードの番号がわからなくなった場合には、早めにカード会社に連絡をして確認を取るようにしましょう。
ただ、すべてのカードにセキュリティーコードがあるわけではなく、インターネットで商品を購入する際も、必ずセキュリティーコードが必要となるわけではありません。

また、セキュリティーコードや暗証番号が分からなくてもカード情報さえ分かれば使用することも可能なのです。
また、スキミングはクレジットカード自体を盗んでおこなわれる場合も多いため、クレジットカードを紛失した場合は、直ちにカード会社に連絡をして使用停止の措置をおこなう必要があります。
クレジットカードは様々なものが付帯されていますが、その一つにキャッシング機能というものがあります。
このキャッシングについて詳しくはhttp://www.letmein-movie.com/で解説されていますのでご覧ください。
最近では、複数枚持っている方も増えましたが、クレジットカードを持つメリット・デメリットがこちらにありますのでご覧ください。
たくさん持っている方が良い方もいれば、持たない方が良い方もいますので
使用の際には十分な注意が必要です。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.